octobre 2011アーカイブ

春先に買い込んだTZ-Artisticが数パック余っているので撮影してみた。うっかり常温保存で一夏を越してしまったので、発色が劣化している。

20111029b.jpg
何と言うか、この青みがかってコントラストが低い描写が面白い...。

真夏の猛暑下で常温保存したPX680の2パック目を使ってみた。

20111001f.jpg
被写体によっては、味わい深い描写になるようだ。暖色系の発色は鈍いながらも渋い雰囲気になる。


20111001a.jpg
現像ムラの出るのは相変わらずだ。購入直後のフレッシュなフィルムで撮影した以下の写真と比較すると、全体的にコントラストが下がっているのが歴然だ。


20110514-bs.jpg
やはり鮮度の良いうちに使うのが正解ということらしい...。


pyccapをフォローしましょう

アーカイブ