polaroid: mars 2011アーカイブ

Impossibleから"PX 680 COLOR SHADE BETA TEST FILM"が届いた。時間がないので、とりあえず屋内で試写。

20110329as.jpg
夜間の室内なので、光源は昼光色の蛍光灯とクリプトンランプである。Push!と比較すると色の再現性とコントラストが格段に向上しているのがわかる。以下にPush!とFFで、ほぼ同条件で撮影した写真を示す...。
快晴の土曜日、Polaroid Softtone Edge Cutを詰めたProCamで撮影をしてみた。

20110326-2s.jpg
この何とも言えない淡くて褪せた色彩が気に入っている。


SofttoneEdgeCut.jpg

なにより嬉しいのは、Edge Cutフィルムなので、ワンパック900円という破格の安さであることだ。10枚撮りなので、1枚あたりの単価は90円で、チェキフィルムよりも少しだけ高いだけだ。これならば、気楽に撮影を楽しむことができる...。
20110305ds.jpg
雨の日に、地震被害や原発危機のニュースばかりでは、気が塞ぐので、二週間ほど前に撮影した写真をアップロードする...。
20110305as.jpg
期限切れのPolaroid VIVAフィルムで廃墟めいた建物と快晴の空を撮影。右下に飛行機雲が見える。VIVAは、製造販売が中止されて久しく、入手困難なフィルムになってしまった。このフィルムも使用期限表示は、07/08だ。それでも青みがかった鮮やかな発色である。

さて、撮影日時は異なるが、以前に同じ被写体をPX70FFで撮影したのが以下の写真だ。...
ひょんなことからピールアパートのPolaroid vivaフィルムを入手した。かなり前に製造中止になっているので、2007/08で期限切れの代物だ。

20110219bs.jpg
発色が劣化しているものと覚悟して撮影したのだが、意外に良い結果となった...。
pyccapをフォローしましょう

アーカイブ