Polaroid Softtone Edge Cut

| | コメント(0)
快晴の土曜日、Polaroid Softtone Edge Cutを詰めたProCamで撮影をしてみた。

20110326-2s.jpg
この何とも言えない淡くて褪せた色彩が気に入っている。


SofttoneEdgeCut.jpg

なにより嬉しいのは、Edge Cutフィルムなので、ワンパック900円という破格の安さであることだ。10枚撮りなので、1枚あたりの単価は90円で、チェキフィルムよりも少しだけ高いだけだ。これならば、気楽に撮影を楽しむことができる。


20110326-1s.jpg
空の青さが、まるで水彩画のようだ。


20110326-3s.jpg
赤い吹き付けがなされている壁面もこの通り。


20110326-4s.jpg
物質感が希薄で、白日夢を見ているかのような描写だ。


20110326-5s.jpg
ProCamは、クローズアップアタッチメントレンズを装着すると、30cmまで寄って移すことができる。


20110326-6s.jpg

20110326-7s.jpg
ありふれた風景も、何となく非日常的に写る。


20110326-8s.jpg
内蔵のストロボはかなり強力だ。これでもう少し軽いカメラだったら言うことはないのだが。

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ