vidary: mars 2008アーカイブ



シュルレアリストの今となっては「古典的」言葉遊びみたいなタイトルだが、何のことはない代々木にあるDoCoMoのビルである。

このビルのデザインが、最上部が電波塔になっていることも含めてマンハッタンのエンパイア・ステート・ビルディングのそれを剽窃したものであることはさておき、どうしてこんな映像を撮影したのかと言うと、まず第一に電車を待っている時間が手持ち無沙汰だったからだ。

次に、(むしろこちらの方が先なのかもしれないが)私がDoCoMoの携帯を使っているからである。などと言うと、訳が判らないことのように思われるかもしれないが、普通は不可視かつ不可知な無線ネットワークが、この時に限り(ほぼ)確実に、空中に敷設された仮想的な通信ケーブルとして認知されたからだ。

ほとんどの場合、携帯電話と無線基地局との間の通信ルートは、利用者には不可視であり不可知だ。確かに道を歩いていると、沿道のマンションのペントハウスなどに基地局のアンテナらしきものが設置されているのを見かける。だが、キャリアはDoCoMoだけではない。auやSoftBankやWILLCOMもそれぞれ独自の無線ネットワークを構築しているのだ。従って、利用者が自分の携帯が送受信する電波のルートを確実に知ることはあり得ないし、そもそも無線とはそういうものだ。

しかし、このビデオクリップを投稿した時、目の前に聳えたつDoCoMoのビルに設置された基地局アンテナに向けて、たかだか300KBとは言え(MTmailの投稿最大容量は300KB以下に制限されている)映像データのパケットが送信されたということは、(ほぼ)確実と言えるだろう。

基地局アンテナの設置されたビルの映像を撮影し、まさにその基地局に向けて、その映像のデータを送信するという行為が、何だか面白く思われた。それは、通常不可視かつ不可知であるはずの無線ネットワークの末端が、仮想的とは言え具体的認知の対象として立ち現れたからかもしれない。

桜二題

| | コメント(0)




昨日あたりから桜が咲き始めた。近所の公園などでもちらほらと咲いている。今週末あたりは、満開になるのではないか。

shadow

| | コメント(0)


影。
午前中に近所のペインクリニックで治療を受けた後、隣の駅まで出て買い物をした。良い天気で暖かく、春の日射しが路面に射している。歩いている自分の影を撮影した。
これだけの情報から何が判るのだろうかと思う。写っているのは、何の変哲もないただの路面だ。私のシルエットがほんの数秒の間その上を通り過ぎる。音声はOFFなので、それ以上の情報は無い。
シルエットから、性別と身につけている物くらいは、推測はできるかもしれないが、場所の特定までは困難だろう。アノニマスな場所のアノニマスな時間。断言できるのは晴れた日であるということだけだ。
と思っていたら、よく見ると映像の左下に指の一部が写っている。最近、機種変更した某社のこのモデルは、カメラのレンズの位置が良くなくて、指がかかりがちなのだ。という訳で、お粗末な顛末となった。

マイカップ

| | コメント(0)


会社の地球環境保護の方針でコーヒーサーバーの使い捨てインサートカップが利用出来なくなった。各自マイカップを用意するようにとのお達しなので、買ったのがこれ。ちなみに、インサートカップは、一個4.9円するのだそうだ。昨今のスーパやコンビニのレジ袋自粛に通じるものがあるが、こうした地道な取り組みを行っても、大量のポリタンクを不法に海上投棄する国があったりすると、虚無感にかられてしまうのは私だけであろうか。

coming soon

| | コメント(0)


トップページ暫定版を作成した。Movable Typeには、携帯で撮影した動画や静止画をメールで投稿する付加機能がある。これを行うためには、MT側でのちょっとした設定と、投稿された動画等をブログ記事として自動作成するためのMTmailというサービスに登録をする必要があるが、それを済ませてしまえば、どこからでもタイトルと本文付きで動画や静止画を投稿できる。動画と言っても、Flashを用いた簡素なものだが、絵日記ならぬ「動画日記」として見るとなかなか興味深い。動画日記なので、"diary"と"video"を合成して、勝手に"vidary"と名付けることにした。この記事のカテゴリの由来である。
pyccapをフォローしましょう

アーカイブ