shadow

| | コメント(0)


影。
午前中に近所のペインクリニックで治療を受けた後、隣の駅まで出て買い物をした。良い天気で暖かく、春の日射しが路面に射している。歩いている自分の影を撮影した。
これだけの情報から何が判るのだろうかと思う。写っているのは、何の変哲もないただの路面だ。私のシルエットがほんの数秒の間その上を通り過ぎる。音声はOFFなので、それ以上の情報は無い。
シルエットから、性別と身につけている物くらいは、推測はできるかもしれないが、場所の特定までは困難だろう。アノニマスな場所のアノニマスな時間。断言できるのは晴れた日であるということだけだ。
と思っていたら、よく見ると映像の左下に指の一部が写っている。最近、機種変更した某社のこのモデルは、カメラのレンズの位置が良くなくて、指がかかりがちなのだ。という訳で、お粗末な顛末となった。

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ