サーバー移転テスト(その3)

| | コメント(0)

前記事で、イメージドライバーが設定されていない件について書いたが、その後、MT公式サイトで調べてみると、mt-check.cgiでサーバーにインストールされているドライバーをmt-config.cgiで明示的に指定する方法が記されていたので試してみる。

デフォルトでは、ImageMagickになっているようだが、GDでも可能とのこと。これがサーバーにインストールされていることを確認の上、以下を追記してみた。

ImageDriver GD

MT管理画面にアクセスすると、「イメージドライバーが設定されていません。」のワーニングが表示されなくなっていたので、早速、画像を挿入してみた。

20130825c.jpg

元通り、拍子抜けするほと簡単に表示させることができた。マニュアルは良く読まなくてはならない。レンタルサーバー会社のご担当者様に、いらぬ手間をかけてしまったと反省することしきりである。

なお、上記の写真は、IMPOSSIBLE INSTANT LABを用いて「撮影」したインスタント写真である。そう言えば、最近、Polaroid 趣味も、とんとご無沙汰してしまっている。

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ