minimal video maker

| | コメント(0)
こんな感じでFlashビデオにフレームを付けて再生できるアプリケーションを開発してみた。右のサイドバーのトップにリンクを張ったロゴを表示してある。デジタルフォトフレームのビデオ版といったところ。

This video clip is made by     minimal video maker


あれこれネット上で公開されているものを使用してみたのだが、どうも好みに合わなかったのでAdobe Flex 3の勉強を兼ねて自作したものである。

使い方の概略は、以下の通り。

1)再生対象のFlashビデオファイル(*.flv)をサーバにアップロード
  (ビデオのサイズは320x240を推奨)
2)対象ファイルのURLを入力
3)好みのフレームを選択するか、自作のjpgファイルをアップロードして、そのURLを入力
  (フレームピクチャのサイズは400x320を推奨。現状約30種類のプリセットフレームを搭載)
4)フレームの表示とビデオの再生が正常に行われることを確認したら「GO!」ボタンをクリック
5)ブログやWebページに埋め込むためのHTMLソースがクリップボードにコピーされる
  (画面下のテキストボックスにも表示される)
6)ビデオを埋め込みたい場所にペースト
  (MT4を使っている人は「HTMLモード(<A>)」でペーストすることを忘れないこと)

なお、当然のことながら、事前にAdobe Flash Playerをインストールしておくこと。
また、*.flv形式以外のビデオを変換するには、「Any DVD Converter Professional」の体験版が便利。変換対象ビデオの再生長さが3分までという条件は付くが無期限で利用可能だ。

(免責事項等)
当アプリケーションは、無償かつノンサポートであることをご理解の上、自己責任でご使用下さい。万一、当アプリケーションの使用により損害等が発生しても、minimalvideo.comは一切の責任を負いません。
配信ビデオクリップの著作権には十分にご留意の上ご利用下さい。
また、公序良俗に反する映像の配信に用いることは、お控え下さい。


コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ