KGB HIT FIDO

| | コメント(1) | トラックバック(0)


KGBの有名なMegademo。1991年リリースで、まさに旧ソビエト連邦崩壊の年である。ペレストロイカを主導したゴルバチョフによるソ連共産党の活動停止命令と、同氏のソ連邦大統領辞任に伴い、クレムリンに掲げられていた赤旗が降ろされ、各地でレーニン像の引き倒し、破壊が行われた。

このデモを見ていると、その当時のことが脳裏をよぎる。デモ自体も、悪名高きKGBのテストパターンが、MTVの「妨害電波」に乗っ取られるという構成になっている。「鎌とハンマー」というかつての共産党のシンボルと雑然とした線描の図形とが交錯する背景の上で、愛敬のあるキャラクターやワイヤーフレームで描かれたビデオレコーダーやドラマーが、お気楽なBGMにのって動き回るという内容で、どことなくほっとさせられる。

当時ですら、まさか日本の自動車メーカーが彼の地に海外製造拠点を設ける日が来ようとは、夢想だにしなかったものだ。ここ二十年ばかりの時代の動きの速さには、驚かされる。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: KGB HIT FIDO

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.minimalvideo.com/mt/mt-tb.cgi/68

コメント(1)

懐かし?。懐かしすぎる。

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ