今日のEdge Cut Film SX 70 TZ

| | コメント(0)
20100626a.jpg
曇り空だったが、午前中に外出したついでに Edge Cut Film SX 70 TZ で三枚ほど撮影した。最初のワンパックの最後の3枚だ。中華料理屋の店先に置いてある派手な金色の獅子だが、なんとも落ち着いた色調に撮れた。



20100626b.jpg
とあるブティックの古びた扉に取り付けられた鍵の形をした引手。全体に青みがかっているところが、TZ的と言えないこともない。この退色した雰囲気が気に入っている。



20100626c.jpgブティックのショーウィンドウ。外の風景が写り込んで多重露出のようだ。

それにしても、このフィルムは何とも予想外の結果となる。通常のArtistic TZでもかなり面白い結果となるが、それを遥かに超えた気紛れな性格のフィルムだ。しかも、ロットによってクセが異なるということなので、毎回、最初のショットを見てみないと、どんなフィルムなのかわからないらしい。

これはほとんど偶然以外の何者でもない。撮影者がコントロールできるのは、被写体の選択と構図くらいで、あとは運を天に任せるしかないのだから。しかし、それがまた病みつきになる。

IPで発売がアナウンスされた際の冒頭の文句が、"If you have a hard time resisting adventure, risk and surprises then we have the perfect instant films for you. Ready to take the plunge?"だったのも頷けるというものだ。

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ