PX 680 COLOR SHADE BETA TEST FILM vs 600 vs TZ-Artistic

| | コメント(0) | トラックバック(0)
あいにくの曇天だったが、PX 680 COLOR SHADE BETA TEST FILMで屋外撮影をしてみた。

20110402-g-s.jpg
近所のビストロのショーウィンドウをガラス越しに撮影。季節は異なるが、同じ被写体を600フィルムとTZ-Artisticフィルムで撮影したものと比較してみると、PX680はこれまでのPX70シリーズよりもかなり完成度が高いものであることが判明した。

まず以前に600フィルムで撮影したものを以下に示す。

20100613c.jpg
被写体の配置や光線状態が異なるものの、上記両者の描写は、かなり似ていることがわかる。PX680の方が、ややざらついた印象だが決して悪くはない。個人的には、許容範囲内だと思う。


TZ-Artisticで写したものは、以下の通りだ。

20100911e.jpg
このフィルムの滑らかで青みがかった色調には何とも言えない味わいがある。Artisticという名の示す通り実際の色とは、かなり異なった独特の発色だ。好みが分かれるところかもしれないが、個人的には600よりも気に入っている。

こうして並べてみると、600フィルムが真面目で優等生的な描写であることが一目瞭然だ。そしてPX680は、この600フィルムの復刻をゴールにしているように思われる。

だとするとPX70シリーズについては、TZ-Artisticあるいはその前身の70フィルムを目指して改良が行われるのだろうか。いずれにしてもこれからのPXシリーズの進化が楽しみだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: PX 680 COLOR SHADE BETA TEST FILM vs 600 vs TZ-Artistic

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.minimalvideo.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

pyccapをフォローしましょう

アーカイブ