minimalvideoでタグ「impossible」が付けられているもの

IMPOSSIBLE TESTFILM PX70-V4Bの使い残しが見つかったので、INSTANT LABを使ってデジカメのデータを「プリント」してみた。

20140615f.jpgこのフィルムは、二年ほど前に限定品で一部のユーザー向けに販売されたものだが、恐らく今に至るも同社の最高の品質のフィルムだと思われる。なにしろ色再現性とコントラストが良いのだ。長期間寝かしておいたにもかかわらず、以下の作例に示すように、十分満足できる描写である。

天気が良かったので、久しぶりにSX-70を持ちだしてお散歩写真を撮影した。フィルムはIMPOSSIBLEのCOLOR FILM FOR SX-70である。買ってから半年ほど経過しているのだが、発色はまずまずだった。

20140510as.jpg古風な床屋の看板。「床や」という表現が良い。

20130825c.jpg

冷蔵庫の野菜入れに保存してあったPX70 Color Shade Opacification Test FilmをIMPOSSIBLE INSTANT LABで使ってみた。かれこれ一年以上も前に購入して忘れていたのだが、保存状態が良かったせいか、期待以上の画質だ。このフィルムは、その名前が示すようにテスト用フィルムとして、格安でIMPOSSIBLEの一部の登録ユーザーに販売されたものだが、個人的には現行製品よりも気に入っている。特に以下の作例に示すように、赤の発色が良い。

前回の記事で紹介したように、期限切れのTZ-ArtisticをIMPOSSIBLE INSTANT LABに装填して「試写」したら、結果は思わしくなかった。コントラストが低く、色調も緑がかっている。室温保存だったのでフィルムが劣化しているのが原因だろう。

そこで、発想を転換して、デジタルデータのコントラストと色調を意図的に変えてみることにした。IMPOSSIBLE INSTANT LABのアプリでは、これらを調整する機能があるのだ。これを用いてコントラストを強め、色調を暖色系にシフトしてみた。


014.PNGのサムネール画像

その結果、青緑色のちょっと面白い結果が得られた。

20130831a.jpg
これはこれで独特の趣がある...。


期限切れのTZ-Artisticが数パック残っている。二年ほど前に購入して、温度管理などせずに室温で保管されていたので、もう駄目だろうと思っていたのだが、ちょっと工夫をするとそれなりの結果になった。

20130813a.jpg
このフィルムはISO感度が100なので、IMPOSSIBLE INSTANT LABでの露光時間は2800ms程度になるはずだ。とりあえずその設定で「写して」みると、上記のようにかなりアンダー気味となる。

CAMPFIREでクラウドファンディングしておいたIMPOSSIBLE INSTANT LABが届いたので、早速使ってみた。


impossibleLAB_box.jpg
なかなかオシャレなパッケージである。

impossibleLAB_box2.jpg
エンベロープを外すと、シックな黒い箱が出てきた。



pyccapをフォローしましょう

アーカイブ